介護ロボットについて

介護業界ニュース

介護ロボットとは、介護が必要な人を補助し、介護者の負担を軽減するロボットです。38万人の介護士
が不足するといわれている2025年問題はご存じの通り。高齢者の数が増えるのに対し、介護者の不足
は顕著となっています。こうした背景から、介護ロボットが人手不足の解決策として注目されています。

介護ロボットの種類

介護者の身体的負担を軽減、介護者を支援するロボット

排泄支援:データに基づき排泄を予測し、最適なタイミングでトイレを誘導するロボットや、

排泄に伴う着脱の支援ロボット、排泄物を自動で吸引、洗浄、乾燥を行うロボット等がある

 

入浴支援:浴槽への出入り動作や入浴の一連の動作を支援するリフトのようなロボットがある。

 

移乗支援:吊り下げのリフト形式で介助者を支援するロボット、抱え込むようにサポートするロボット、

人口筋肉を伸縮させる力を補助するロボット等装着するものと非装着のものに分けられる。

 

業務支援:介護業務に伴う情報を収集・蓄積し、それを基に適切な介助タイミングを割り出したり、介助方法を見出したりする方法。

介護者の身体的負担を軽減、介護される人を支援するロボット

コミュニケーション支援:高齢者とのコミュニケーションをとるロボット、

体操やクイズを出し結果を記録するレクリエーションロボット、一定時間ベッドから動作がない場合

「外に出ませんか?」といった声かけで動作を促すロボット等がある。

 

見守り支援:入浴時の見守りロボット、複数の部屋の見守りロボット、体調変化を感知し共有するロボット、

情報をソフトウェアと連携するロボット等。従来のマットセンサー等は、利用者の状態を通知するものだったのに対し、

予告や記録、分析ができる点で進歩している。

 

そのほかにも、薬の飲みすぎ、飲み忘れ、誤薬防止の服薬支援ロボットや、歩行支援のロボット、

介護施設内で食事や選択の運搬をするロボット、介護者の腰の負担を軽減するウェアラブルロボットなど、

今後も新しい技術から目が離せません。

 

導入コストがかかるものではありますが、自治体や厚生労働省からの補助金等もあり

単に「人手不足」だけでなく、スタッフの負担削減や、働きやすさを追求し

IT化を進めている法人や施設は、今後さらに増え、働きやすい職場も増えていくでしょう。

反対に、IT化よりも、アナログに慣れているので、そちらの方が働きやすい・・という方もいるかと思います。

 

介護求人パークでは、検索画面から介護記録のデジタル化、アナログ化の施設で絞り込んで検索が出来ます。

ご自身の、”働きやすい” を探すきっかけにしてください。

Comments

タイトルとURLをコピーしました